hamburger

プライベートの話

日記

保育園から来るメールを見た感じ、以前に比べるとコロナの状況が落ち着いてきたらしい。子供もずっと楽しみにしていたので、今週からまた保育園に行くことにした。

外でたくさん遊んだらしく、いつもより洗い物が多かった。


テレビやスマホを見ていると周りの音に反応しなくなる。多分聞こえていないのではなくて、目の前のことに集中したくて意図的に無視してる。

気持ちはわかるんだけど何か注意しているときもそれをやるから腹が立つ。なかなか治らないから気になっている。大きな声を出すとびっくりして反応するけど、その後不機嫌になって妻の方に逃げたりするのでどうしようもない。


うちの子も3歳で足し算引き算掛け算ができて数字も1000万までわかるからすごいと思ってたけど、このレベルになるイメージがない。一緒に取り組めるご両親もすごい。


祝日は雨だったので、外では遊ばなかった。

隣駅までバスに乗っていき、お昼ごはんにモスバーガーだけ食べてきた。行くまで機嫌が悪くて言うことを聞かないのでずっと叱っていた気がする。店についたら楽しくなってみたいで落ち着いた。

ポテトをバクバク食べて、オレンジジュースも飲んだ。ハンバーガーは半分家に持ち帰って、夕方のおやつにした。

子供用にビニールを膨らまして作るフリスビーを貰ったので家で遊んだ。最初はサイドスローっぽく投げていて、教えたら普通に胸のところから投げるようになった。まだコントロールはイマイチ。

僕が投げたのをキャッチするほうが楽しかったみたいでそれに付き合ってあげた。


子供を褒めるときに親指を立てたら👍「ちゃんねるとうろく」と言っていた。Youtubeで「よかったらチャンネル登録と高評価をお願いします」の部分を見ているのが原因らしい。


バンザイ腰振りが上手になってきた(リングフィット)


今まで寝かしつけはママと一緒でパパはその時一緒に寝たり寝なかったりという生活だったのが、少し変わってきた。

「パマ(パパママの略)おいでー」と言って寝室に移動し、最初一緒に布団に入る。最初はワチャワチャして遊んで、少し落ち着いて寝そうになったら僕は布団を出て風呂に入ることが多かった。

最近は、部屋を出ると子犬のような声でちょっと泣くことが多い。泣くことが多いので最近はお風呂に入っていいか確認するようにしている。風呂に入っていいと言われても、部屋を出ると泣き声が聞こえる。なので子供が寝るまで一緒に横になることが増えた。

子供が寝るのが22時くらいで遅いので、僕も寝落ちする確率が上がっている。もっと早く寝て欲しい。


スマホのタイマーとストップウォッチで遊ぶようになってきた。止めて記録して、適当にアラーム設定したりしてる。夜中にアラームが鳴ってびっくりした。

象印の加湿器を買った

自分は冬の乾燥で風邪を引くことが多い。あと、手先の乾燥も気になる。

空気清浄機に加湿器がついているものの、リビング用or寝室用になっていて自分の仕事部屋にないし、そもそも威力が低い。

そういうわけで新しい加湿器を買いたくなった。昨年象印の製品がバズっていた気がして、そのまま象印の加湿器を買った。

感想

  • デザインは悪くないと思う。おしゃれに全振りするよりもこのぐらいの方が機能性が良さそうに見える
  • 構造がシンプルで、メンテしやすそう。本当に給湯ポットみたいな作り
  • 大きいので、水を入れるための蛇口が届きにくい。ちょっと傾けて洗面所のホースを伸ばせば、なんとか入れられる。
  • 加湿機能は空気清浄機のオマケ機能に比べるとかなり良い。部屋の空気が変わった
  • 電気代は気になる。特に今年は電力不足や電気料金の問題があり、意識せずには居られない。もとの加湿性能が高いので、弱にして使っているから大丈夫かもしれない。これは来月以降に電気代を見て改めて考える
  • 騒音は思ったよりも大きい。水の音なので音量の割には気にならないけど、寝室で使うには厳しいかも。寝る何時間も前から電源を入れておいて、寝る時は沸騰が終わっている状態だと少しマシになるか?

「Anker Soundcore Liberty 4」を買った

After

Before

2年近くAnkerのLife A2 NCを使っていたが、フィット感に不満があったり無線充電したかったりで色々探していた。ちょうど新作が出ていて初回10%オフだったので買い替え

開封

箱が横に開く。Ankerの外箱はいつも気持ちがいい

  • フィット感は「そこそこ」。イヤーキャップが柔らかくなった感じはある。Life A2 NCに比べて少し軽くて重心が低くなったので、歩いててずり落ちそうになる感覚は今のところ無い。ただ、イヤーキャップ自体が耳の乾燥で滑ったりして、横向きに加速度がかかったらポロッと落ちそうな気もする。運動とかしなければ大丈夫。
  • 音質向上は実感できた。ハイレゾにしたりアプリを使って3Dオーディオにしたりを試しているが、たしかに立体感を感じる。ずっと聞くのは疲れそうなので、散歩中とかはそっちで聴いてる。作業中はHearIDで設定したフラット目なイコライザにしている。
  • ワイヤレス充電バンザイ。Qiの上に置くだけ。楽。

AndroidユーザはどのPodcastアプリを使えば良いのか

Androidで利用する場合にどれがベストなのか

Googleポッドキャスト

Googleが力を入れてる感じがしない。最低限の感じがすごくて、新しい発見がない。 自動ダウンロード機能は便利なので、前から聞いているチャンネルはこのアプリで聞いてる

Spotify

Googleよりも配信者が多い気がする。Googleで探しても出てこないチャンネルが表示される。チャンネル数増やすために力を入れているのだろう。

おすすめされて聞いてみると面白いことが多い。サジェストのアルゴリズムも結構良さそう。

新着エピソードの自動ダウンロードがなく、それが唯一にして最大の不満。その不満をどこかに書こうとしたが、そういったフィードバックのためのフォームは巧妙に隠されていて見つけられない。

その他

試してない。信用できる良いアプリを知りたい

日記

保育園のコロナ感染者が右肩上がり。登園させるのが少し怖いが、仕事の状況的に厳しいので一旦預けることに。

会議が落ち着く週の後半は、妻が面倒を見ながら仕事をすることになった。

ベビーシッターを検討したが、一日二日で来てもらえるようになるサービスはさすがに無かった。


登園復帰初日。意外と、子供のクラスは感染者が少ないらしい。他のクラスの欠席が多く、担任の先生も大丈夫そうだった。

久しぶりの保育園はとにかく楽しいらしく、帰宅してからもテンションが高かった。


登園復帰二日目。

この日も相変わらずテンションが高い。楽しそうだけど、明日からはまたお休みなんだよね。


いつもは6時位に起きるのに、次の日の朝は8時半まで寝ていた。多分昨日、保育園と帰ってきてからのリングフィットで体力を使い果たしたのだろう。

ゆっくりご飯を食べて、始業前までの時間で公園に連れて行った。ブランコの揺れた回数を数えて、660までやって満足していた。途中3の倍数で数えていたりしたので、実際に揺れた回数はもっと少ないはず。


夕方に用事があって、家族で隣の駅の町にでかけた。

道で走ったときに止まれと言っても止まらず、道路の手前まで進んだので怒った。ギャーギャー泣いてた。

スキップをしている様子を初めて動画に撮れた。リズムが適当だけど結構いい感じ。

帰りは妻が買い物に行き、僕と息子でバスに乗って帰った。晩御飯のときに、一緒にバスに乗ったからパパのことが好きになったと言っていた。謎。


嫌いな野菜も餃子にすれば食べることに気づいた。キャベツもニラも小松菜も。


妻と息子で買い物に行き、ダイソーしましまぐるぐる グッズを見つけて買ってきた。気に入ったみたいで、どんぐりとか小さいおもちゃを入れて歩きまわっている。


咳とか鼻水が減った。自分は咳でひどくて寝不足だった。加湿器の横で生活したらかなり良くなった。


行きたい行きたいと言うので、ららぽーとの遊び場に行ってきた。10時の開店直後に入って、30分きっかりに出てきて、11時からの始業に滑り込み。

平日なので遊具使い放題で、好き勝手遊んでた。ここは最後に風船もらえるので、帰るときも気分良く帰れる。今日は、お姉さんが風船をふくらませる間拳を差し出して、手首にくくりつけてもらうのを待っていた。色は紫を選んだ。


野毛山動物園に行った。隔離期間中にずっと行きたいと言っていたのもあり、楽しんでいたように見える。

楽しみ方は前回と同じで、地図に書かれている数字を目的地に進むだけ。動物は殆ど見ない。むしろ今回は2回目なので中の構造がわかっていることもあり、一人で勝手にズンズン進んでいる時間が長かったかも。

途中に小さいサルのオリがあって、サルが元気に飛び回っているのを見て面白がっていた。大きな声で、ずっと実況中継しながら教えてくれた。

あとライオンが大きな声で吠えていたので、前回の寝ていた姿とのギャップがあって、驚いていた。この前は寝てたのにねぇと言っていた。

夫婦ともにクタクタになりながらも一緒に歩き回って、帰りの電車に乗った瞬間に寝てしまった。


久しぶりの雨。屋外で遊んだり遠くに移動したりするのが厳しそう。というわけで近くの家電量販店に行った。

試用のおもちゃで遊ぶつもりだったけど、おもちゃを買ってあげることにした。最近スマホやテレビに依存しているので、おもちゃで遊ぶ時間を増やしたい。

子供に一つだけおもちゃを買って良いことを伝える。個人的にはペンでタッチすると音声で教えてくれるパウパトロールの学習絵本かマリオカートのラジコンを推していた。が、子供ははやぶさとこまちのプラレールセットを手に取り、コレ!と差し出してきた。

新幹線で帰省するときに、駅ではやぶさとこまちが連結するときに何度か見ていて、それを思い出したみたい。家に帰って開封すると急いでレールを組み立てて、連結させて走らせていた。

結局この日はかなりの時間プラレールで遊んでくれて、夕方に疲れ切って昼寝をしていた。

やはり、定期的におもちゃを追加して新しい刺激を得られる環境にしないと子供は飽きてしまうのかも。

子育て中は音声入力が便利

スマホを見ていると子供に注意されることがある。返事が雑になったり、意識が自分に向いていないのが不満なのだろう。まぁわかる。良くない。

Youtubeを見ているときは普通に中断してる。

例えばLINEの返信だったり病院の予約だったりすると中断しにくい。自分の性格上、思い出したときにやっておかないと忘れる。

テキストは音声入力でショートカット

課題はテキスト入力にかかっている時間で、それを音声入力にするだけでかなり改善されることに気づいた。声を出していると、誰かと会話中で無視しているわけではない・終わった時間がわかるからそれまで待てばいいというのが子供に伝わる、という副次的効果があることもわかった。

最初は訛りだったり聞き取りづらさだったりでイマイチだったけど、アクセントやイントネーション、音圧を意識するとそこそこの精度になってきた。知っている相手に対するLINEなら入力ミスそのまま送ることもある。

レコーダーも便利

子供の成長に関する些細な出来事をあとから思い出したくなったりするので、極力メモしてる。ブログもその一環。散歩中や育児中になにか気づいたことがあっても、よほど大きなイベントじゃない限り忘れてしまう。それがもったいない。

今までは動画撮影で子供の様子を撮影していたけど、結構容量を食うのがネックだった。あと、タイミングを逃したときに撮影できない。レコーダーだと自分の声で状況を言えばいいので、少し柔軟性が増す。アプリに文字起こし機能があるので、時間分全部聞く必要が無いのもメリット。

リアルタイムに撮影できたら動画で、そうでないときはレコーダーという使い分けに落ち着いてきてる。

子供がコロナ感染した週の日記

家族構成

  • 僕: ワクチン4回済み。
  • 妻: ワクチン3回済み。半年経過
  • 子供: 3歳男児。ワクチン未接種
  • 夫婦ともにリモートワーク

0日目

16:00

保育園からコロナ感染者の確認連絡が来る。プライバシーの配慮で誰が感染しているかは教えられないとのこと。ただ、幼児がいる同じ階の関係者だということだけわかる。

18:00

迎えに行き、先生に様子を聞く。息子自身は元気そうで、ご飯もたくさん食べたとのこと。僕の顔を見るなり笑いながら走ってきたし、大丈夫に見える。先生に挨拶をして、自転車で帰宅。

家ではいつも通りご飯を食べた。子供が残した夕食は妻が食べた。

20:00

僕がお風呂に入れ、その後妻にくっつきながら就寝。僕は一度そこから起きて晩酌し、寝落ち。

26:00

2時ぐらいに妻が子供の熱を測るために起きた。いつも発熱するとうなされて寝言が増えるのだが、今回もその状態だったから怪しんだらしい。熱を測ると38.5℃。消毒して、マスクしながら寝ることにする。

ちなみに、子供はうなされながら数字を数えていたらしい。どんだけ好きなんだ・・・

寝ようとしたものの全然寝付けないようで、妻に抱きついて寝て、横にして妻も寝ようとすると起きる、というのを朝まで繰り返していた。共倒れすると最悪なので僕は無理やり寝ようとしていたが、結局家族みんな眠りが浅かった。

寝ながら重症化や後遺症のことを想像してしまい、少し怖くなった。

1日目

6:00

子供がカラスの声を聞いて起き上がり、妻と二人でリビングへ。寝不足の反動なのか、子供も妻もソファで二度寝した。

僕は寝室に一人になり、静かになった部屋で落ち着いて寝ることができた。

8:00

子供の熱は38℃。

検査キットを使ってみたところ、完全に陽性。妻が病院と保育園に電話で連絡。

近くの病院はどこも予約が埋まっていた。かかりつけの小児科に電話したところ、検査キットの陽性を公式のものと扱い、病院として陽性扱いすることになった。今ってそういう判断もあるんだな、知らなかった。

薬だけもらえるそうなので、後ほど出向くことを確認して電話終了。

子供はぐったりしていて、目に力がない。眠いのかコロナの症状なのか分からないが心配で気が気じゃない。

10:00

僕が一人で病院に薬を受け取りに行った。そのまま今日の昼ごはんを購入。

不安になったので、帰宅後自分の熱を計測するも36.7℃で安心。

12:00

夫婦で弁当を食べ、その後に子供にゼリー飲料を飲ませた。喉が痛いらしくて、口が痛いと言ってる。

その後すぐに、妻に抱っこされて寝てしまった。

15:00

子供の熱が37.1℃と、少し落ち着いてきた。たくさん寝たのでそれが良かったのか、それとも子供だから軽症で済んだのか?

動けるようになり、Youtubeを見て笑ったりしている。

食欲も回復してきたのか、少し弁当のおかずを食べた。トイレにも行ったので、消化器系も回復してきたのかも。少し安心。

16:00

急に口が痛いと行って泣き出した。喉がまだ痛いみたい。熱も39.3℃で、さっきのは解熱剤が効いただけなのかも。ゼリーを飲んだあと、そのまま寝た。

17:00

以前購入したパルスオキシメーターを使ってみたら脈拍が早い。心配なので相談窓口に電話した。後ほど折り返すとのこと。

少し時間がかかったものの、看護師さんからの連絡が来た。妻が色々相談したところ、親身になってくれて教えてくれたとのこと。ひとまず解熱剤を飲ませて様子見。苦いので飲むのがつらそうだったが、ポカリに混ぜて頑張って飲んだ。

看護師さん情報によると、コロナで辛いときはアイスがおすすめとのこと。冷たくて喉が痛くならず、カロリーが高め。

18:00

子供がまた少し復活したので、アイスと納豆ご飯を食べた。熱は相変わらず39.2℃。

機嫌がいいと言うか妙に素直で、テレビを見過ぎだと思ったら自分から消すし、風呂も入ると言い出した。風呂は熱があるからNGなんだ。すまんね。

たくさん寝てスッキリしているのかもしれない。

20:00

夫婦で相談した結果、寝室を分けることにした。僕がベッドで、妻と子供がリビング。僕がベッドなのは、リビングで寝て体が痛くなって使い物にならなくなったら困るからだそう。

24:00

解熱剤の効果が切れる時間なので、起こして飲ませた。飲まないための言い訳を流暢に言っていた。こんなにスラスラ自分の意見を言い続けるのは珍しい。最初は面白かったが、本当にずっと話し続けているので途中からイライラしてきた。結局薬は半分くらい飲んだ。熱は相変わらず39.3℃。

2日目

8:00

熱が下がって、リビングで楽しそうに遊んでいた。37℃くらいらしい。少し咳き込んでいるものの、耳の赤みがとれて顔もシャキッとしている気がする。

12:00

相変わらず咳は出るけど元気。すごく話しかけてくるから困る。ご飯も普通に食べるようになった。峠を越した感じがする。

14:00

妻が具合悪いと言う。熱は無いものの、症状は頭痛と咳が出ている。怪しい。

18:00

妻が38.3℃。寝込んでいる。子供の世話は僕がした。

食材経由で感染するのは避けたかったので、作りおきなどのご飯を全て捨てることにした。

20:00

いつもに比べかなり早いが、子供が寝てしまった。まだ本調子じゃないのかも。妻も寝ているので、僕は部屋に移動して仕事。

3日目

7:00

子供は少し咳が出ているものの、それ以外は至って普通。結局子供はこれ以降ずっと元気いっぱいで、それが僕らを苦しめることになる。

妻は熱が下がって、少し頭痛が残っている状態。検査キットも陰性なので、看病疲れかな?とか話している

僕は喉が痛い。毎年この時期に乾燥でそういう症状になっているので、コロナではないと思いたい。

8:00

今日は近くの病院が空いているそうなので、予約して診察を受けることになった。

平日に仕事をしていると子供の相手をしている余裕が無いので、どうしてもテレビを見る時間が増えてしまう。元々走り回るのが好きな子供なので、体力があり余っている感じもかわいそう。

ひとまずテレビは、30分視聴して30分休憩というサイクルで使うことにしている。

11:00

妻と入れ替わりで僕が通院。みなし陽性という診断で、PCR検査はしなかった。毎年この時期に風邪をひいてる、ということを話したからかも。PCR検査してもらえば完全に隔離するかどうか判断できたので、変に大丈夫感を出さずに検査してもらえばよかったかも。

会計待ちでの時間が長く、帰宅できたのは2時間後だった。

13:00

妻も僕も体調が悪いなりに仕事をする。

19:00

妻と子供は昼ごはんの残りを、僕は適当に作ったご飯を食べる。妻の実家から支援物資が届いたので冷蔵庫がパンパン。

まだ3日目だが、子供が体調回復して以降ずっと話しかけてくるので、それにストレスを感じるようになってきた。仕事中にゆっくり考える時間を取れないのが辛い。

21:00

リビングで寝ると子供が夜中に寝ぼけて寝室に移動しようとする、ということを妻から聞く。ベッドで寝たがっているし、皆陽性なら良いかということで3人で寝室で寝ることになった。

4日目

7:00

寝るのが早いのか、それともハイになっているのか、朝早いのに頭がスッキリしている。どうせ仕事中に集中する時間が少ないので、今のうちに少し仕事をかたづけておく。

子供はもう少ししてから起きて、いつもどおりご飯を食べていた。

12:00

妻が仕事でトラブル発生したようで、忙しそうにしている。ずっと会議。が、体調も悪くなっていて、ずっと咳き込んでいる。

昼ごはんは、賞味期限が近いパンを大量に使ってフレンチトーストを作った。結構美味しくできたけど、卵が嫌いな息子は黄色なのがNGだったらしく食べてくれない。ラスクにしようと思って寄せていたパンの耳を大量に盗んでいき、そっちを食べていた。

18:00

妻が完全にダウンした。会議は参加しないといけないらしく、スマホで聞きながらベッドへ。

少し話したところ、病院からもらった薬を飲んでいないことがわかった。病気になっても薬を勝手に飲まない判断をしたりする人なので驚きはしなかったが、それで動けなくなって仕事も子育てもできなくなったら意味がないということを伝える。

20:00

結局妻の体調が戻らず、また寝室を分けることに。僕は少し咳が出るくらいだったのでそのまま仕事をして、一人ベッドで寝た。

5日目

5:00

喉の痛みで起きた。水を飲んで、二度寝しておく。

8:00

鼻水と痰が増えた。喉の痛みは少し引いたかも。症状が軽かったのは、単に病院でもらった薬が効いていただけかもしれない。夜飲んだ薬が朝に効果が切れていたのだとしたら、色々辻褄があう。朝の薬を飲んで、少し休憩。

妻は今日一日休養するらしい。

9:00

薬が効いたのかかなり楽になった。熱は37.2℃で少し高め。37.5℃を超えたら休むことに決めて、勤務開始。

18:00

この日は妻が子供の面倒を見てくれたので、かなり仕事に集中できた気がする。熱は数時間おきに測っていて、特に問題なかった。少し鼻水が出てきたのが気になる。

妻は子育てで体力を消費してしまったのか、体調は良くならなかったらしい。

子供の世話をバトンタッチして、21時位に寝かしつけまで終わらせた

23:00

妻は喉の痛みがひどくなっている。意味があるか分からないが、濡れタオルを干して加湿だけしておいた。

自分は鼻詰まりがひどくなっていて、その日は口呼吸で寝て何度も喉が乾いて起きた。

6日目

7:00

相変わらず鼻詰まりがひどかったが、起きて飲み物を飲んだら落ち着いた。

自分の症状は毎日違うので変な感じ。今日は咳も喉の痛みもかなり軽症になっていて、ただの風邪と言われている感覚も少し分る

子供は元気、妻はだるそう。

12:00

妻が午前中だけ仕事したいというので、自分が子育て。2時間会議をして部屋から出てきた妻の声は、もはやほとんど聞こえないものになっていた。顔を見ないと誰が話しているのかわからない。

昼ごはんを食べて、自分は仕事再開。

14:00

子供は2時間ほど昼寝をしてくれた。妻は午後休暇をとってゆっくりしている。

空気清浄機の存在を思い出したので、中を掃除して動かせる状態にした。

16:00

妻が間食中に味覚障害になっていることに気づく。不思議な感覚だと言いながら、調査のために色々食べてみている。結局それが悪かったのか、少し具合が悪くなったそう。

21:00

子供がベッドで寝たいというので、今日は僕と一緒に寝ることに。とは言っても、寝るときは妻にくっついて寝ていた。

23:00

ベッドに妻が居ないことに気づいて子供が泣いた。

28:00

ベッドに妻が居ないことに気づいて子供が泣いた。そのままリビングまで歩いていき、妻の横で寝た。

全然関係ないが、時間が知りたくてスマホを見たら、なぜか工場出荷状態にリセットされていた。電源を入れたら完全に初期状態。寝たいのにショックで目が冷めてしまい、少し明るくなるまで起きていた。

7日目

8:00

症状が落ち着いている僕と子供が検査キットで検査した。自分が陰性で子供は陽性。

食材が減っていたので、散歩がてら僕がちょっとした買い物にでかけた。外の空気は美味しいかもしれない

10:00

お腹を下した。原因不明。ウイルスを出し切ったのだと思いたい。

18:00

結局今日も妻だけ具合が悪い状態だった。子供を風呂に入れて、寝かしつけ。本当はその後仕事をしたかったのだけど疲れのせいなのかそのまま寝てしまった。

妻は鼻詰まりがひどすぎて口呼吸only。

8日目

8:00

妻の吐き気が酷いそう。食あたりを疑っている。

10:00

隔離期間が過ぎたので、子供と二人で公園に行った。久しぶりの外出なので楽しそう。誰もいない公園で、キャッチボールをした。

お昼はコンビニでパンや唐揚げを購入し、川沿いの階段で食べて行くことにした。焼きそばパンの紅生姜を食べられるようになっていた。

12:00

お昼ごはん後に帰る予定だったが別の公園に行きたいと言い出した。遠くの大きな公園を希望していたけど遠すぎるので、おしゃべりの公園で我慢してもらった。

おしゃベりの公園とは、糸電話的な仕組みで相手の声が反対側で聞こえるようになっている遊具がある公園。自転車で移動し、少しだけ遊んで帰宅した。

15:00

実は今週は定期的に保育園からメールが来ていて、感染者が増えていることを報告してくれていた。人数的にうちの子がいるグループの感染者数が非常に多く、別の大きい子がいるグループはこれから人数が増えそうな気配を感じる。更にマズイのが、先生も感染者が出ていてこと。一人あたりで面倒を見ている人数を考えると、これが一番困りそう。

保育園から電話が来て可能であれば来週の登園を減らしてほしいと言われてしまった。

20:00

妻が寝込んでいる。

それを理解しているのか、子供は風呂から出たあとそのまま一人で着替えて歯磨きもして、普段は考えられないような手際の良さを見せて寝る準備OKの状態まで持っていくことができた。

21:00

色々試行錯誤した結果妻の鼻詰まりが解消されたとのこと。鼻呼吸は2日ぶりらしく、非常に嬉しそう。ただし、相変わらず嗅覚は戻っていないとのこと。

9日目

8:00

隔離期間終了したので妻が検査キットで測定し、陰性であることを確認した。

これで家族皆隔離期間が終了したので、記録としてはここまで。


結局一週間まるごと隔離生活だった。

ワクチン4回接種した自分は接種してない妻に比べ軽症だったので、もしかしたら効果があったのかもしれない。気の所為という可能性もあるけど。

検査キットで陰性になったあとも皆少し咳が出ているし、完全回復という感じではない。まだ、油断して人混みに行ったりしないほうが良いんだろう。妻の嗅覚・味覚障害は少し治りつつあるらしい。魚を焼いたら少し匂いがしたと言っていた。

子供は初日の体調不良で心配になったけど、すぐ元気になってよかった。元気すぎてこちらの体調不良時に遊びたがっていたのが辛かったけど。

仕事は、リモートワークだから出勤していたものの、かなりしんどかった。ストレスが溜まるし仕事はほとんど集中できない。遅れを取り戻すとか体力を回復させるとかやっていると、あっという間に一ヶ月経っていそう。


という感じ。とにかくすごく疲れた一週間だった。重症化したり、もっと思い病気を併発したりといった大変な状況にはならなかったのが救い。

「Anker Eufy Smart Scale P2 Pro」を買った

毎日少しずつトレーニングをしていて、せっかくだから変化を計測したくなった。体組成がわかる安い体重計を使っていたけど、どうも使い勝手が悪い。

不満に感じていた点は2つ

  1. 計測データはアプリを起動しないと連携されない
  2. アプリの使い勝手が悪い

これらを解消できるデバイスを探していて、Anker製の良さそうなものが見つかったので購入してみた。

データ連携は結構スムーズ

このデバイスBluetoothWifiどちらでもデータ連携できる。そのため体重計を乗りながらアプリを開く必要がない。

ちょっとしたことかもしれないけど、何も考えずに体重計に乗ればいいので計測するハードルがぐっと下がる。

連携アプリもそこそこ

ものすごく使いやすいかと言われると難しいが、ハードウェア企業のアプリとしては良いほうだと思う。見た目もスッキリしていて日本語にも対応している。機能もシンプル。

ユーザを複数登録でき、子供が乗っかったときの明らかな異常値を振り分けられるので、家族でも使えそう。

計測のリマインダーは 平日・10時 にしている。曜日と時間の単位で指定できるのも地味に助かる。前のは時間指定のみだった。


ひとまず体重を落とさず体脂肪率を下げたいので、目標値を設定して毎日計測を続けてみる。

日記

どんぐりの季節。ストライダーで散歩中に、道端で拾い集めていた。

ポケットに8つ確保して、また走り出した。今はガチャガチャのカプセルに入れて遊んでる。


保育園のお友達に弟くんが生まれたらしい。うちの子に名前が似ているそうで、親近感。


最近はフリース素材の着る毛布がお気に入り。元々は僕の防寒用なんだけど、持ち出してリビングやベッドで使って包まっている。

昨日はそれ一枚を分け合って妻とリビングで寝ていた。中で場所確保の戦いが起こっていたらしい。僕は蚊帳の外で、一人ベッドでゴロゴロした。

確かに自分の妹も子供の頃お気に入りのタオルを持ち歩いていたし、そういうものなのかも。今まではそれが妻のブラジャーだったけど、それよりマシだから良いか。この調子で卒業して欲しい。


野毛山動物園に行った

桜木町駅から歩いていった。途中に緑豊かな公園があって、道に大量のどんぐりが落ちていた。アッと言って気づいて、一人でブツブツ言いながら集めだした。周りの木からどんぐりが落ちてくるので、集めている途中に何個か頭にあたったりもした。結局10個確保して、ポケットに入れていた。

動物園は広すぎない丁度良いサイズ。疲れないので助かる。これで無料はすごい。

入り口すぐにレッサーパンダがいて、大人も子供も大喜びだった。クラウドファンディングでリニューアルされたらしい。足場の木を伝っていくとちょうど観客の前を一周するような感じになる。目の前に来たときは静かにして注目していた。ふわふわ。

キリンやライオン、孔雀といった派手めな動物もいて、ひときわ注目を集めていた。押さえるところは押さえてる感じ。

うちの子はパンフレットの数字通りに園内を歩くことに意識が向いていて、動物の檻を数字が書いた目的地としか見てなかった。楽しそうだけど、ちょっと複雑。もっと動物でテンション上がってほしかった。わかりやすい動物だけちゃんと見てた。

最後にソフトクリームを食べて、電車で寝ながら帰った。


動物園がよほど楽しかったらしく、また行きたいと何度も言っている。何が楽しかったのかと聞くと、数字の順に園内を回ったのが楽しかったとのこと。


保育園でコロナ感染者が出たらしい。濃厚接触者の特定をしなくなったので、感染者以外は引き続き登園可能とのこと。

心配なのでうちの子の様子を聞いたところ、元気で熱もなかったとのこと。家に帰ってきてからもずっとはしゃいでる。何もなければいいけど。

会えば大抵のヤツは嫌じゃない

www.youtube.com

同じ事務所の先輩の欽ちゃんに嫌われていると知ったルー大柴が、敢えて会いに行ったというエピソード。会って話をして、最終的にわだかまりが解消したらしい。

世の中には会ったことが無いのに嫌いな人もいる。もしそれが今後も付き合いが必要な人だったなら、一回会ってみるのが良いかもしれない。

日記

歯磨き粉が使えるようになった。

今までは歯磨きを習慣付けるためにただの美味しいジェルを使っていた。少しレベルアップ。


保育園の先生が、お昼ごはんのうどんに入っていたネギを食べていたと褒めていた。家でも食べたことが無いので不思議だった。

帰ってから理由を聞いてみると、お友達が食べていたから食べたとのこと。お友達、助かる。


約束した時間になってYoutube見るのを止めたときや、ゲームで自己ベストを更新できなかったときに、手に持っている物を投げるようになってきた。何回か叱っているけど効果なし。iPadはマジでやめてくれ・・・


煎餅を食べながら風船バレーをしていたら煎餅の角で風船が割れた。泣かなかったけど放心状態になっていた。

なだめながら「怖くなかったよね」と言ったら首を横に振っていた。確かに心臓の鼓動が早い。また貰いに行こう。


迎えに行ったら、家にあるのと同じパンダの人形で遊んでいた。3coinsで購入したもの。意外と気に入っていたのか?

今日は保育園で火事の避難訓練があって、家の近くの中学校まで歩いたらしい。道のりが帰り道の途中まで一緒なので、曲がり角のところで教えてくれた。「ここで曲がったの~」


妻が具合が悪くて寝込んでいて、構ってくれないからパパと寝たいと言ってきた。仕事したかったのに・・・。一緒に布団に入って横になったが、すぐママと仲直りして、パパは用済みになった。


去年、こどもチャレンジの付録でおままごとセットが送られてきた。ハンバーグとかを掴むためのトングが含まれていて、最近それが活躍している。何かとトングでつかもうとする。ご飯とかも

掴む用途を卒業してきていて、昨日はお風呂に持ち込んで風呂の縁で滑らせて遊んでいた。トングの可能性は無限大。


お昼に近くの定食屋に行った。僕のうどんと妻の唐揚げ定食を少しずつ分けて食べた。どちらも美味しかったみたい。結構行儀よくしていた。会計のときに子供用のグミをもらった。

そのまま妻は買い物に行くので、子供と二人で近くの公園に行った。本当はグミを食べる予定だったけど、遊具を見て食べたい気持ちより遊びたい気持ちが勝ってしまった。滑り台をやったり、ブランコしたりした。

滑り台は階段ではなくロープでできたネットを登る仕様で、昔と違って怖がらずに登れるようになっていた。得意げになって何度も自慢してきて、ドヤ顔を見せつけられた。ブランコは押すときに回数を数えることになり、180回やったタイミングで妻が帰ってきて終わった。

糸電話のような仕組みで反対側に声が聞こえるようになっている遊具があり、それを使って少しおしゃべりをした。以後、ここの公園はおしゃべりの公園と名付けられている。

その後ベンチに座ってグミを食べ、階段を登ったり降りたりを繰り返し、汗だくになって帰ってきた。


リングフィットアドベンチャーで、ついに普通の筋トレメニューをやりだした。スクワットとか腹筋系の種目とか。

ハードなものではないからムキムキになることは無いと思うけど、太ることはなさそうだなぁとか朝からよくやるなぁとか、生暖かい目で見ている。たまに手伝わされるのだけ不満。

Twitterどうしようか問題

Twitterの設定を新着順にしていても間引かれていると感じることが増えた。求めているものと違う感がある。広告はしつこく表示してくるくせに・・・

もともとSNS自体それほど好きではなく、エンジニアはTwitter使ってなんぼみたいな文化があるから使っているというのが正直なところ。いまいちテンションが上がらない。思ったことは普通にブログに書いて供養するほうが健全な感じがする。

ブログのオワコン感も気になるものの、新興サービスが出ては消えを繰り返しているSNSよりもライフサイクルが長い気がする。最悪エクスポートして自分のブログを立ち上げればいいし。SNSはそうはいかない。

一番困るのは、はてぶやらQiitaやら別サービスの会話をTwitterに持ってくる人種が多いところ。議論のアウトラインが中途半端にしか見えないので、元のサービスを見に行って最初から流れを追う時間がもったいない。コンポーネントの責務は気にするのに、言論の場はゴッドTwitterにしたがるのはなぜなんだ。

ということで来週からは、ツイートしたくなったら落ち着いて文章を推敲し、ブログに書き残すというのを意識したい。

日記

散歩に行った。何気なく横を見るとスキップをしていた。どこで覚えてきたんだ???

eys-kids.com

多くの先行研究では 4 歳ころにその動作様式はみ られるようになり,5 ~ 6 歳の間でほぼ完成し,6 歳以降さらにうまくできるようになる。

3歳でうまくできているので、かなり早いのでは・・・。自分の記憶だと、小学二年生のお遊戯会でスキップできない同級生が居たのを覚えている。


昼になっても一向に寝ないので自転車に乗せて外出した。あれほど元気だったのに出発5分で寝た。かなーり迷ったが、起きてからすぐに遊べるように近くのショッピングモールに目的地を変更した。起きるまではカフェでゆっくり。

起きた直後に少しぐずって、ママが良いと言い出した。ママはお家にいるんだよと教えてなだめていると、店の奥の方を指差してママの方に行くと言い出した。

ん?と思って視線の先を見ると、メガネの女性が・・・。見間違えたらしく、間違えたと言いながらニヤニヤしていた。家に帰ってから、それを妻に報告していた。

晩御飯はフードコートでお子様ランチを食べさせた。オレンジジュースで腹が膨れて、そうめんを半分くらい残した。男二人のディナーだったけど楽しそう。

その日の夜、オレンジジュースはおねしょとして排出された。


妻と散歩したときに拾った石とどんぐりをプレゼントしてくれた。


1ヶ月程前に公園に行った際、通りすがりのおじさんに結束バンド?を材料にしたお手製おもちゃを貰った。おそらく普通に良い人なんだろうけど、形状が少し危なかった。もったいないけど数日遊んだ後こっそり廃棄した。

その記憶がまだ残っているらしく、公園に行く度におじさんに会った話をする。

記憶力といえば、両家の祖父母の車のナンバーやフードコートの受け取り用アラームの番号など、数字に関する記憶定着がすごい。それに関してはもはや両親ともに覚えていないのでリアクションがしにくいので困っている。自信満々に言うので、毎回あぁそうなんだねぇというふわっとした返答しかできない


近くに住む同年代の夫婦はITに非常に疎く、クラウドとかよくわからないのでスマホの容量オーバーになったら写真を消しているという話を思い出した。最初妻に教えてもらった時はかなり衝撃を受けたけど、今はどうしているのだろう。確か二人目も生まれているはず。

何かを教えてあげたいと思っていた時期もあったけど、長期的にフォローできるわけでもないし家庭の話に首を突っ込むのもなぁということでスルーしていたのだった。何らかの形で解決できていればいいけど。

プログラマーが子供にしてあげられることって殆どないなと考えていたが、そういうことができるだけでも良かったのかもしれない

ブログの整理

hamburger-tech.hatenablog.com

記憶を書く場所と知識を書く場所を分けたほうが良い気がしたのでブログを分割した。

あっちのアイコンは会社で利用しているブランドカラーの色。もし転職したら、別の色になるかもしれない。